睡眠と運動の関係とは

古来より人間の身体は朝に起きて夜に眠るようにできています。文明の進化により実行できるようになった、ピカピカと電気を発光させて活発になる「夜型生活」は人間の本質には適したものではないのです。それには、運動することです。

身体を活動させると、前頭前野がアクティブになります。

まず最初に朝起床して、身だしなみなどの活動を行うことで脳を起こしましょう。『養生訓』では続けて、運動して代謝をよくすることは、前頭前野が活発的になり知的になることにも結び付くのです。時計のない暗い場所で過ごすと、周期が変わって、1日が25時間で生活するように変化していくことがわかっています。
それを地球の自転と並行させて、毎日24時間へとなるよう、私たちは年がら年中気付かないうちに学んでいるわけです。
けれども、それはあくまでも「知識を持っている」だけであり、前頭前野を盛んに動かして、前向きに考えたり、意思決定を行うのに有用なのではありません。

然らば、前頭前野はどうすればトレーニングできるのでしょうか?簡潔にいうと、1日をきっちりと24時間で暮らしていること自体が、もう「脳が身体を操っている」状況なのです。

なお、この体内時計を25時間の周期から24時間の周期へと変えるために必要不可欠となるのが「太陽の光」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です